上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いや~先日の新年会どうもお疲れさまでした。

今回は前回の失敗である飲み過ぎによる頭痛は回避できてよかったです。
まぁ、9人全員だったのはかなり久々(いつ以来かは知らないけど)だったから楽しくできましたね?
でもなんかこの会合を開く度に問題が浮き彫りになっていると思います。
この仲間っていうのは仕事とかただの友達の関係っていうのを一つ超えたとこにあるもの
世の中のつまらないチープなモノでたとえると、『親友』とか『家族』という心の絆で繋がっているものと思ってます。

だからこそ、みんなに一歩前に出てきて欲しいと願ってます。

僕は専門の時は常にみんなの後ろをついていってただの傍観者になっていて、でも自分のことを知って欲しいって無茶な生き物だったなと今振り返ると思います。

だから霧耶さんやテツさんリストさんに『あいつはなに考えてるかわかんない』って思われてたんだと思う。
第何回かの馬車道会合の帰りにとぎのさんに言われたのはわりと胸に刺さりましたよ…。

んでいろいろバイトしたり人間関係を学んだりしてく内に『傍観者でいる人間ってすごく格好悪いし、つまんないな』ということに気づかされました。

だからカラオケ後のジョナ(先にばらします!参加してなくて文句があるなら全て僕に言ってね?)でとぎのさんに「前よりよくなった」と言われたことは結構うれしかった!
でもあんま褒められたこと無いから恥ずかしくてごまかしたけど。

とにかくこれを読んでくれた君、自分が今どこに立っているのかをもう一度考えてみてください。
少しでも周りの距離が遠いと感じるなら自分から一歩前に出てみたら?
案外みんな目の前にいるよ?
スポンサーサイト

| Home |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。