上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日おばあちゃんが倒れました。

三時くらいにおじいちゃんから電話がありそれを知りました。

病名は脳梗塞で、かかりつけの医者に行く途中でうずくまっていたところを通りかかりの人が助けてくれたそうです。

どうもありがとうございます。

その後、仕事を早退した母とおばあちゃんの運ばれた病院に行きました。
そこにいたのはついこの間の元日にあった時とはまるで別人でした。

いつも足が悪い中、僕に「コレ食べろ?うまいか?じゃもっと食え。」っていって部屋のあちこちから食べるモノを取り出してくれてなかなか座らない人でした。

そんなおばあちゃんがベッドの上で点滴をつけられ、口も麻痺で左半分が動かない状態で「わざわざ来てもらって悪いね?」って僕に言いました。
とにかく弱々しくなってしまったおばあちゃん。
もう、自分の無力さが痛かった。

僕に出来たのはただおばあちゃんの話を笑顔で聞いてあげることと手を握ることしかありませんでした。

初詣で願ったことは叶いませんでしたね…。

文章にすると実感て涌くんですね?

今年84歳になるおばあちゃん、今までとても長い人生を歩んできた。

きっとそんなに長くは保たないと思うけど、一分一秒でも長く生きてほしい!
スポンサーサイト

<< あれれ? | Home | あけおめ! >>

コメント

うちも祖父母と同居なので、お気持ち察します。
2人とも入退院の繰り返しで、ほとんど顔を合わせてません…。
頻繁に顔を見せてあげている元金髪さんは偉いと思います。
自分の場合は、なかなか言葉をかけられずにいる事が多いので…。
僕も少しは見習わなくては…。
ただ、ボケが始まっているのに、
僕の年齢と誕生日だけはいつも間違えないのがとても嬉しくて…。

おばあさまの体調が良くなることをお祈りしております。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。