上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なぜだろう、コードギアスを観ると心が焦る。

観ている時は内容に時に驚かされ、時に愉しませられる。

でも見終わると自分自身があまりにちっぽけで自分自身に意味がなくて、体の中はからっぽだと感じる。

例え誰かに「君はいるだけで価値がある」なんて言われても、それこそが『からっぽ』なんだと思う。

出来るならこのまま寝たらもう目を覚ますことがないように願いたい。

世界が悪いわけじゃない、自分が望んだ結果なのは分かってる。

死ぬことは生きること、そんなことは知っている。

でも、でも、もし少しでも早く世の中から消えることが出来るならそれは幸せだ。

朝が来ればまた動き出す。

このつまらない話も明日になれば笑い話になる。

でも忘れてはいけない。

まっすぐが1番疲れる。

また疲れたら書こう。

おかしいな、コードギアスの話をしてたんだけどな(笑)
スポンサーサイト

<< 頼られることの素晴らしさ | Home | 理由なき反抗 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。