上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕はなんだかんだで音楽が好きだ。たとえそれがどんな形でも。

こんな僕を形作ったのはきっと姉の影響だろうと思う。
僕はピアノを習う姉の後ろで音色を聞きながら、ただぼーっと遠くを見ていた。
弾けはしないけど耳は働く。
だから少なからず自分は耳が良い方だと思う。

でも、僕が音楽を好きになった要因はそんなことだけではない。

それは小学校の音楽室に貼ってあった標語だか、詩だかである。
それはこういうモノだった。
『音楽は音楽であって、音学ではない。ましてや音が苦であってはならない。だから音楽は音を楽しもう。』

こんなもの言葉遊びじゃないかと言われればそれまでだけど、この言葉が真髄なんじゃないかとこの時の僕は感心しきっていた。そして今も。

自分が愉しむことは相手を楽しませること。
それができた時、世界は少し救われるんじゃないかな?

おっと論点がズレたけど、まぁ僕が音楽好きな理由が少しでも理解してもらえたら、うれしいな。
スポンサーサイト

<< 昔と今 | Home | あぁ麗しき歌声よ… >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。